HOME
 
 

テクニックをマスターする

   
こぶしを効かせる
 「こぶし」とは、歌の中で節回しを強調するテクニックのことです。演歌などでは、こぶしが非常に重要な要素ですし、沖縄民謡などもまさにこぶしを効かせた歌い方です。また、アーティストにもよりますが、日常的によく聴かれるポップスなどでも頻繁に使われています。さりげなくこぶしを効かせることで、歌に微妙な表現をきかさられます。

 こぶしを効かせるには、歌の中で母音をつなげることから始めます、たとえば「ラ〜」と伸ばす部分でこぶしを効かせるのなら、「ラ〜ああ〜」と発音してみましょう。ふたつの「あ」は微妙に高さを変えて歌うのがポイントです。

 また、声を伸ばす箇所で足をぐっと踏み込んでお腹に力を入れると、節回しが強調され、より強いこぶしになるはずです。ここで気をつけたいのは、こぶしの強さは一定にするのではなく、歌う曲やジャンルによって変えることです。ポップスなどの歌いまわしは、こぶしより母音をさりげなく滑らかに「回す」ように入れたほうがスマートな印象になります。そして思い切りこぶしを効かせると演歌っぽい印象になります。
 
注目のK-POPアーティスト(楽天)
東方神起 LIVE TOUR 2014 TREE 初回生産限定

最安値 6,523円 送料別

Music Essay - Their Rooms / JYJ
最安値 2,600円 送料込
KARA Korea カラ / 6TH MINI ALBUM: DAY & NIGHT CD+ブックレット
最安値 1,727円 送料別