TOP   

緑内障について

 
 
 緑内障は視野の範囲が狭くなってしまう病気です。緑内障は、最初は視野の一部に見えない部分が出始め、徐々に見えない範囲が広がっていきます。緑内障は症状の軽いうちに見つけて治療して、病気の進行を止めないと失明することがある怖い病気です。ここでは緑内障の症状と治療についてわかりやすく説明しています。  緑内障の症状と原因
 
 

おススメ

 
 白内障・緑内障・黄斑変性が自分で治せる101のワザ
 
 緑内障とは「眼圧」の上昇によって視神経が侵されて、視野が狭くなったり、ときには失明する病気です。「眼圧」とは眼球の張りのことです。眼球が丸い形を保っていられるのは、眼球の中の房水によって眼球の張りが保たれているからですが、この房水の量が増えすぎてパンパンに張ってしまったのが、眼圧が高い状態です。

 眼圧が高くなると、その影響で視神経の一部が死んでしまいます。このため、それまで視神経がキャッチしていた情報が脳に伝えられなくなり、視野に見えない部分が出来てしまったり、視野が狭くなったりします。

 
また、物が見える範囲を視野といいますが、この視野の範囲が狭くなってしまうのが緑内障です。緑内障は、最初は視野の一部に見えない部分が出始め、病気の進行にしたがって見えない範囲が広がっていきます。

 たとえば、目の前の風景の中心に近い部分が見えなくなるところから始まって、徐々に見える範囲が狭くなることもあれば、風景のまわりに見えない部分が出てきて、見える範囲が狭くなってくることもあります。

 最初は見えない範囲は小さく、片方の健康な目がフォローしてくれるために、視野の異常になかなか気づかないことも多く、病気が進行するまで「見えにくい」と感じずに過ごしてしまう人がほとんどです。早く視野の異常に気付くには、片方の目をとじてものを見る必要があります。


 視神経は脳神経の一つで、一度障害されると回復しません。緑内障で損なわれた視野や視力を元にもどすことは、現在でも不可能です。障害の軽いうちに見つけて治療して、病気の進行を止めないと失明してしまいます。

 日本では中途の失明の原因の第1位が糖尿病性網膜症、第2位が緑内障です。40歳以上の約17人に1人が緑内障にかかっているという統計があります。



  急性の閉塞隅角緑内障では、突然目がはげしく痛くなったり、電球のまわりに虹が見える、目が充血するだけでなく霧の中にいるように目がかすむことがあります。また、こうした目の症状と併せて、はげしい頭痛や吐き気がある場合があります。

 通常は頭痛、おう吐、多量の汗などの症状があると、内科や脳外科を受診しますが、その原因が緑内障にある場合があります。そちらの症状に注意が向き、医師が緑内障と気づかないで治療の時期が遅れると、失明にいたることがあります。


 頭痛や吐き気がして、目が痛い、充血がある、または角膜に濁りがあるときなどは、一番先に緑内障でないかどうかを確かめることが必要です。

こうした症状をそのまま放置すると、数日で、病状によっては一晩で失明することがありますので、一刻も早く眼科を受診する必要があります。



  発見が遅れると、大変危険な病気である緑内障を少しでも早く見つけるためにどのような変化に注意すればよいのでしょうか。初期症状としては次のようなポイントを参考にします。

 まず、ほかの目の病気と同様に、視力の低下を感じたり、目の疲労感がひどく、肩こりや、頭痛をともなうような場合は要注意です。目が重いと感じたり、かすむときも、単なる疲れ目と放っておかないで、必ず検査をうけるようにしましょう。

 次に、視野の一部が欠けることはないか、視野に何も映らない黒い点がないかどうかを確かめましょう。視野の異常は、両目で見ているとなかなか気づかないものですが、眼をとじて片目ずつ調べるとよくわかります。特に鼻側が欠けていないかチェックしてください。

 そして眼圧が高まっている場合は、眼球をまぶたの上からそっと押してみると、異常を感じることができます。もし、弾力が失われているようなら注意が必要です。

 また、急性型の緑内障の場合は、光るものを見ると、周囲に虹がかかったように見えることがあります。この段階での治療を受けることができれば、急性発作を防ぐことができます。検査だけで安心せずに日頃のチェックを習慣にしましょう。


 直接的な原因がわかるものと、原因がよくわからないものがあります。

 原因がわかるもの

原因がわかる緑内障には大きく分けて2つあります

 一つ目は、先天的に目の構造に問題がある場合です。これは眼球の中の房水の排出口にある「前房隅角」という部分に異常があって、房水がうまく流れていかないために発病します。これは生まれつき眼圧が高い「先天性緑内障」と、症状が青年期にあらわれる「発達性緑内障」があります。
二つめは、目の怪我や病気が原因で起るもので「続発性緑内障」といいます。目を強くぶつけてしまったために「前房隅角」が傷つき、眼圧が高まって視神経に障害を与えてしまうものです。


 病気の影響によるものとしては、「糖尿病網膜症」や、白内障の病気の影響として起るものがあります。さらに「ステロイド剤」の副作用によって眼圧が高まる緑内障もあります。

 こういった場合は、まず原因となっている病気の治療からとりかかることが必要です。

原因がよくわからないもの

 直接的な原因がわからないものを「原発性緑内障」と呼んでいます。先天性や続発性よりもずっと多いのがこのタイプです。

 原発性緑内障はさらに、症状が少しずつ進んでいく「慢性型」と、突然激しい痛みがおこる「急性型」、眼圧が正常なのに緑内障を起こす「正常眼圧型」に分かれます。同じ原発性緑内障でも症状の進み方が全く違います。



  緑内障の治療には、薬物療法、レーザー療法、手術の3とおりがありますが、どの治療においても、病気を治してもとの状態にもどすことはできません。視神経は一度死んでしまうともとどおりになることはなく、もとの正常な視野や視力をとりもどすことはできません。治療の目的は症状の進行をおさえたり、再発を防ぐという点になります。

 白内障のように手術のように、手術後にはよく見えるようになるということはありません。このため緑内障は早期発見、早期治療が非常に大切となります。
 
 
なお、レーザー治療や手術で房水の流れをよくしても、長い間には流れが悪くなる可能性もあります。さらに、眼圧によって傷つけられた視神経はいつその機能が低下するかわかりません。生涯にわたって視神経と視野、眼圧のようすを見守っていくことが必要になります。



 目を閉じて眼球を軽くおさえると、眼球のまるいかたちがわかるでしょう。この眼球が丸い形をしていられるのは、目の中の圧力が外より高く保たれているからです。
 
 この目の中の圧力を眼圧といいますが、眼圧は通常10〜21ミリ水銀柱(mmHg)に保たれています。眼圧がこの値よりも高くなると、視神経が圧迫されて萎縮して、緑内障が起こりやすくなります。
 
 角膜と水晶体は、房水(眼球を充たす体液)から必要な養分を供給されています。房水は一定の割合で作られ、同じ割合で目の外に排出されます。これによって眼圧は一定の圧力を維持しています。緑内障のほとんどは、この房水の排出が悪いことが原因で起こることがわかっています。
 
 日本緑内障学会の調査によると、40歳代で緑内障になっている人の割合は約2%です。そして年齢が上がるにしたがってその率も高くなり、70歳以上の人では約13%になっています。しかし、なぜ高齢になると緑内障が多くみられるのか、その原因はまだよくわかっていません。




 発見が遅れると大変危険な病気である緑内障を、少しでも早く見つけるためにどのような変化に注意すればよいのでしょうか。緑内障は次のように進行していきます。
 
 まず、ほかの目の病気と同様に、視力の低下を感じたり、目の疲労感がひどく、肩こりや、頭痛をともなうような場合は要注意です。目が重いと感じたり、かすむときも、単なる疲れ目と放っておかないで、必ず眼科にいきましょう。
 
 次に、視野の一部が欠けることはないか、視野に何も映らない黒い点がないかどうかを確かめましょう。視野の異常は、両目で見ているとなかなか気づかないものですが、眼をとじて片目ずつ調べるとよくわかります。特に鼻側が欠けていないかチェックしてください。
 
 そして眼圧が高まっている場合は、眼球をまぶたの上からそっと押してみると、異常を感じることができます。もし、弾力が失われているようなら注意が必要です。
 
 また、急性型の緑内障の場合は、光るものを見ると、周囲に虹がかかったように見えることがあります。この段階での治療を受けることができれば、急性発作を防ぐことができます。検査だけで安心せずに日頃のチェックを習慣にしましょう。



 症状がじわじわと少しずつ進んでいくのが慢性型です。原発性緑内障(原因不明の緑内障)のなかでは、発症の頻度が一番多く40〜50歳の近視の人に多くみられます。
 
 慢性型緑内障は症状がゆっくり進むため、急性型のように、突然失明するといった恐ろしさはありません。しかし、どのような治療をおこなっても症状の進行を完全にとめることが難しく、一生、通院して眼圧のコントロールをしながら病気とつきあっていかなければなりません。
 
 慢性型の緑内障は房水の排出がスムーズに行われないために、徐々に眼圧が高くなっていくという特徴があり、両眼の視野が鼻側から欠けていくのが特徴です。
 
 また、遺伝性が高く、家族にこの病気の人がいた場合は、症状がなくても定期的に検査を受けることが大切です。
 



  慢性型緑内障は症状がゆっくり進むため、急性型のように、突然失明するといった恐ろしさはありません。しかし、どのような治療をおこなっても症状の進行を完全にとめることが難しく、一生、通院して眼圧のコントロールをしながら病気とつきあっていかなければなりません。

 慢性型緑内障の治療には、最初に点眼薬による治療をおこなうのが一般的です。目的は房水の量をコントロールする点眼薬を使って眼圧をさげて安定させます。

 その後は薬を使用しながら定期的に通院して、眼圧と視野の検査を継続することになります。中断すると間違いなく症状が進んでしまいますのでこれを継続しなければなりません。点眼薬だけでは眼圧をコントロールできない場合は内服薬を使用します。

 点眼薬や内服薬では眼圧をさげることができない場合は、レーザー治療を受けることになります。レーザー治療は難しいものではありませんが、確実に効果があがらない場合もあり、数年おきに同じ治療をくり返すということもあります。

 また、点眼薬やレーザー治療でも眼圧が下がらず、症状が悪化している場合は手術を行うことになります。現在、一般的におこなわれているのは、強膜を切り取って穴を開け、房水の新しい通り道をつくる方法が用いられています。



  「激しく痛む」発作とともに急激に症状が悪化するのが「急性型」の緑内障です。

 原因は房水の通り道にある水晶体と虹彩が、瞬間的に強く接触して房水の流れがせき止められて、眼圧が急激に上昇してしまうためです。

 これは、例えば長時間下を見続けていたり、目の検査に使われる散瞳薬を点眼したとき、興奮したとき、暗いところでものを見ようとしたときなど、瞳孔が開きかけるときに起こるとされています。この現象は高齢者や女性、遠視の人に比較的多くみられます。

 急性型の緑内障の発作が起きると、目の激痛のほか、頭痛、吐き気、視力低下、光のまわりに虹がかかったようにみえる症状が突然あらわれます。このような症状があったら、48時間以内に処置をしないと眼圧が上がり続け失明する危険性があります。



 急性型の場合は、発作が起きたら一刻も早く病院で処置を受けなければなりません。発作が起きてからどれくらい時間がたっているかで処置の方法が変わってきます。

 まず、発作から24時間以内に病院に駆けつけることが出来た場合には、薬を使って眼圧をさげ、激痛をやわらげます。発作からあまり時間がたっていない場合には薬で眼圧をさげることができます。

 しかし、これはあくまでも応急処置ですので効果はわずか数時間程度しかもちません。そのまま放置していくと再び同じような発作がおこります。このため、薬で眼圧を安定させたら「レーザー治療」で症状を改善することになります。


 急性緑内障の発作がおこる原因は、虹彩が房水の排出口をふさぐため、房水の流れが止まってしまうためです。治療は虹彩にレーザーをあてて小さな穴をあけ、房水の流れをスムーズにおこなわれるようにします。この治療は「レーザー虹彩切開術」といってとても簡単にできるものです。

 このレーザー治療によって約9割以上は治療することができます。ただし、このレーザー治療の効果があるのは発作がおきてから約3日以内に治療した場合です。これよりも時間がたってしまうとレーザー治療は難しくなり、手術が必要になってしまいます。

 また、急性緑内障は時間をおいて、もう一方の目にも発作が起こりやすいという特徴があるので、まず発作が起きた目にこの治療を行い、その後、予防のためもう一方の目にも同じ治療をすることになります。


 緑内障とは眼圧が高くなって視神経が侵される病気ですが、しかし、最近増えているのが、眼圧は正常範囲にあるのに緑内障の症状があらわれる「正常眼圧型」というタイプです。

 このタイプはまだ分からない部分が多く、症状が起こるメカニズムも明らかになっていません。

 正常眼圧型の緑内障の場合、眼圧を検査してもまったく異常がなく、しかも、初期の自覚症状が少ないため、自分が白内障であることに気づかないということにもなります。

 水晶体が老化を始める40歳を過ぎたら、たとえ自覚症状がなくても定期的な目の検査を受けることが必要でしょう。


 正常眼圧型の緑内障は、眼圧に異常がないのになぜか視神経に障害があらわれるというもので、何が原因かは今もわかっていません。

 そのため、治療についても確立された治療法がなく、効果があるのではないかと推測できるものを症状にあわせて取り入れていく方法がとられています。

 基本的には慢性型緑内障の治療法に準じた方法がとられるので、薬物治療が中心となります。