脳卒中について

 
 
 脳卒中は脳の血管が詰まったり、出血したりして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。脳卒中は、ある日突然襲いかかる最も恐ろしい病気の一つです。脳卒中の予防の基本は規則正しい生活を送り、適度な運動を行う生活習慣の改善です。ここでは脳卒中の症状、原因、予防についてわかりやすく説明しています。  脳卒中の症状・原因・予防
 
 

スポンサードリンク

 

脳卒中の予防

高血圧は、脳出血や脳梗塞の最も大きな原因です。放っておくと動脈硬化をさらに促進させます。
続きを読む
LDL(悪玉コレステロール)が増えてると、動脈硬化を進行させて脳梗塞を引き起こしやすくなります。
続きを読む
高血糖は全身の血管の壁に負担がかかり、動脈硬化を促進させて脳梗塞を引き起こします。
続きを読む
肥満は高血圧や心臓病、糖尿病などの生活習慣病になりやすく、脳卒中になりやすくなります。
続きを読む

脳卒中の前触れ・前兆(こんな症状があったら病院で検査を!)

脳梗塞の前触れ

  手または足だけの脱力感がある。足がもつれる、ふらついて歩けない。急に手に力が入らなくなり、食中には茶碗など、持っているものを一瞬落としてしまう。
  左右どちらかの顔や手足が動かなくなる、しびれる。半身がしびれたりする。
  舌のもつれ、思っていることが言えない。ろれつが回らなくなる。
  ものが二重に見える、片方の目が見えなくなる。両眼とも同じ側が見えない
  ものが飲み込みにくくなる
  回転性のめまいがする
  耳鳴りがする
 
くも膜下出血の前触れ
 
  かぜなどの思い当たる病気がないのに頭痛が続く
  血圧が少し高く、頭全体が痛んだり、重く苦しく感じる
  グラッとしたり、めまいがする
  頭痛とともにものが二重に見えたり、ゆがんで見える
  後頭部に痛みを感じることが多く、朝起きたときに痛む
  頭痛が続いて、少しずつひどくなる。特に朝方に痛みが強くなる
 






  TOP