白内障の症状と原因
 白内障はものの輪郭はちゃんと見えるのに、全体が白くかすんで見えるようになるのが特徴です。やがて明るいところでまぶしく感じたり、物が二重に見えたり、さらに進行すると視力が低下していきます。原因はほとんどが加齢による老化現象です。白内障は手術で治りますが、手術についてはよく理解しておくことが必要です。ここでは白内障の症状と治療についてわかりやすく説明しています。 白内障の症状と治療

 その白内障手術、待った! ―受ける前に知っておくこと―
 
 白内障は目の中の水晶体が濁ってくる病気です。水晶体は目の中でレンズの役割をしていますが、このレンズが濁ってくると、光が通過しにくくなります。進行するにつれて見えにくくなり、まぶしく感じたり、かすんで見えるようになります。白内障は痛みや充血はなく、濁りが強くなると、すりガラスを通して見ているような状態となります。

 老眼の人でものがかすんで見えることがありますが、この場合は近くにあるものだけが見えにくくなるものです。ところが、白内障では目の前の風景全体にうっすらと霧がかかったように見え、近くにあるものも遠くにあるものも見えにくくなるのが特徴です。

 これは、眼球から入った光が水晶体の濁りにあたって乱反射するために起こるものです。水晶体の濁りが進むにしたがってかすみが強くなり、やがてはすりガラスを通してみているかのように風景が白っぽくかすんで見えるようになっていきます。また、濁りに当たった光が乱反射することで、天気がよかったり、明るいところではまぶしくて、見えにくいようになります。

白内障の程度と進行の速度は個人差が大きく、ほとんど進行しない人がいれば、軽い白内障といわれたのがどんどん進む人もいます。

 水晶体は一度濁ると元にもどすことはできません。治療は手術をして人口の眼内レンズを入れ、見えやすくするのが一般的です。

 手術にはさまざまな合併症がつきもので、白内障の手術も例外ではありませんが、最近は手術の技術が進歩するととともに眼内レンズもいろいろ開発され、高齢になっても負担の少ない手術が可能になってきました。


 白内障のほとんどは両眼におこってきますが、左右の程度に違いがある場合も少なくありません。チェックをする場合は両眼では見えにくい部分を補ってしまうため、片眼ずつ行います。

視力低下
少しづつ細かい字が見えにくくなります。老眼と異なり眼鏡をかけてもよくみえません。

まぶしい
光が水晶体で乱反射するため、明るいところに出ると、とてもまぶしく感じます。照明がきらめいて見えたり、夜に車を運転すると対向車のライトが気になることがあります。

かすみ目
濁りが中心部にある場合は、目の前に霧がかかったようにぼやけて見えます。進行するといっそうぼやけてきます。

物が二重三重に見える
核とその周辺の屈折率に違いがでてくるため、片目で見ていて物が2つにも3つにも見えたりします。ただし、両眼で見て2つに見える場合は外眼筋まひも考えられます。

明るいところで見えにくい
光の乱反射やまぶしさによって、明るいのにみえにくくなります。また明るいと瞳が縮まるため、水晶体の真ん中の白内障ではよけいに見えにくくなります。

暗い所で見えにくい
水晶体が濁るため光の入る量が減り、暗いところではよりみえづらくなります。

一時的に近くが見えやすくなる
核の濁りが強くなり屈折率が高まると遠くは見えにくいのですが、近くが見えやすくなる場合があります。老眼の人では老眼がよくなったと誤解する人もいます。これは一時的なもので、そのうちに全体的に見えにくくなります。



 白内障にはいくつかの種類があります。その中で一番多いのが、加齢による老人性の白内障です。これは、水晶体を構成するタンパク質が加齢とともに変化し、そのために水晶体が濁ってしまうものです。

 加齢による水晶体のタンパク質の変化は、誰にも起こる老化現象です。この老化現象が進行するスピードには個人差があり、早い人では40歳代で濁りが出ることもあります。

 また、白内障は生後まもなく、あるいは幼児期以降に発症することもあります。目にケガを負ったり、別の病気がきっかけで、若いうちから白内障を発症する人もいます。

 そのほか、アトピー性皮膚炎の合併症として、若い年代で白内障になる人が増えています。なぜ、アトピー性皮膚炎に白内障を合併するかまだはっきりとわかっていませんが、アトピー性皮膚炎にかかっている時期が長いほど、また症状が重い人ほど白内障を合併しやすい傾向にあります。
 また網膜剥離が発症しやすいこともあります。かゆみをやわらげるために目の周りや頬をつよく叩いたり、こすったりするような刺激が原因の一つと考ええられています。

 加齢性白内障は片方の目からはじまることもありますが、ほとんどの場合、両眼に起こってきます。白内障の程度と進行の速度は個人差が大きく、ほとんど進行しない人がいれば、軽い白内障といわれたのがどんどん進む人もいます。

 
 
 白内障というと手術をしないと治らないというイメージが強いかもしれませんが、白内障の手術はある程度症状が進んでから行います。経度の段階では点眼薬や内服薬を使ってしばらく様子をみます。

 しかし、白内障の点眼薬や内服薬は、ものの見え方をよくするものではありません。白内障の進行を遅らせる、つまり現状の見え方を少しでも長くキープするという目的で使われるものです。

 白内障の手術をしても完全に視力を取り戻せるものではありません。進行状況にもよりますが、少しでも気持ちよくものを見ることができる生活を送るためには、適切な時期に手術をすることが必要になります。

 白内障の手術は、一言でいうと水晶体を取り出して、人工のレンズに交換するということです。状態によっては、手術後にかえって見づらく感じる場合もあります。手術のタイミングは本人の生活スタイルに合わせ、不自由と感じないかがポイントです。

 しかし、あまり手術を遅らせてしまうと、白内障が過度に進行してしまい、水晶体が硬くなりすぎて取り出すのが難しくなります。治療には主治医としっかり相談していきます。


 白内障が軽く、視力低下が少しで、日常生活や仕事にあまり影響がない場合には、とりあえず薬物療法を始めます。白内障の治療に用いられる薬は「ピノレシキン」や「グルタチオン」などの点眼薬と飲み薬では「パロチン」があります。

 このほか、白内障によるかすみ目や視力低下などの症状を緩和するといわれるものに「五車腎気丸」や「八味地黄丸」がありますが、これらの治療薬の効果については定かではありません。

 白内障の進行を完全にストップすることはできません。進行してしまった場合は濁った水晶体をとる手術を受けざるを得なくなります。

 白内障は老化の程度が一人ひとり違うため、本当に薬がきいているかどうかが客観的にはわかりませんが、薬による治療は、進行を遅らせる可能性があるという程度だというのが現状です。


 白内障の治療では手術が一般化していますが、どうしても手術はうけたくないという人もいます、白内障ではどうしても手術が必要かというとそうとは限りません。病気の進行の仕方は個人個人で異なり、たとえば80歳、90歳になっても不自由を感じない人もいます。そうした場合は様子をみていてもいいのです。

 ただ、白内障で濁った水晶体は薬では治すことはできません。視力を回復するには手術しかありません。過度に進行すると、ほかの目の病気を起こします。

 また水晶体もかたくなって手術も技術的にむずかしくなり、時間もかかります。経過をみて、そろそろ手術をしたほうがよいといわれた場合は、手術をすることをおすすめします。



 白内障の手術では、濁った水晶体を人工のレンズである眼内レンズに交換します。

 まず光の通路をとり戻すために濁った水晶体を取り除きます。そして水晶体の代わりに、人工の水晶体(眼内レンズ)を目の中に入れます。この眼内レンズは目の中に入れてしまうので、出し入れはもちろん、手入れの必要もありません。手術のときにピントを一定のところにあわせると、40年以上ももつといわれています。

 手術の方法にはいろいろな種類がありますが、現在では「超音波乳化吸引術」といわれる手術法が多く用いられています。

超音波乳化吸引術とは、3ミリ程度の切れ目を入れ、そこから器具を差し込んで、超音波で核を細かく砕いて乳化しながら吸い出します。そして、折りたたんだ眼内レンズを挿入します。

 超音波乳化吸引術では、折りたたんだ状態で挿入すると中で広がるので、小さな切り口ですみますので、縫い合わせる必要もありません。また麻酔も点眼のみで、手術時間も15〜30分程度ですみ、日帰り手術も可能です。視界も手術の翌日から見えるようになります。

 ただし、症状があまり進んでしまうと、水晶体の核が硬くなり超音波では砕けなくなるのでこの手術法は使えません。


 手術が済んだら、回復に努めます。手術後30分が絶対安静が必要です。それ以降は歩いても食事をとってもかまいません。2日目くらいからは視力も回復してきますので、疲れない程度なら物を見ても大丈夫です。ただし、入浴の際の洗顔と洗髪は医師の許可が出るまでは控えます。

 また、手術後しばらく点眼薬を使います。傷口は1ヶ月ほどで固まってきますので、それまでは強くこすったりしないように注意します。目に負担をかけないようにすれば仕事にも早く復帰できます。

 なお、手術後は1ヶ月したら眼内レンズの焦点以外の場所を見るための眼鏡をつくることになります。無事に手術が成功しても、後発白内障や緑内障、網膜剥離、細菌感染などのトラブルが起こることがあります。手術後も目に異常がないかどうか注意を払っていきますが、必要ならば眼科医に相談します。


 水晶体の代わりに目に入れるのが眼内レンズですが、これにはいくつかの種類があるので、手術前に自分の生活に合わせたものを選ぶことになります。

 というのは、眼内レンズは水晶体のように厚みを変えることができません。水晶体は近くを見るときには厚みを増して屈折を強め、遠くを見るときには厚みを薄くして屈せつを弱くすることでピントを合わせます。ところが、人工の眼内レンズでは厚みを変えることができません。そのため常に一定の距離にピントがあった状態になってしまいます。

 例えば、近距離に合わせた眼内レンズを入れた場合は、新聞を読む時など近いところは裸眼で大丈夫ですが、遠くはぼんやりとしか見えないので、近視の場合と同じように眼鏡をかけて矯正することになります。

 眼内レンズには主に3種類があります。本を読んだり手元の細かい作業の多い人などは、近距離にピントを合わせたレンズを、運転など遠くを見ることが多い人は、遠距離にピントを合わせたものに、テレビを見たり、室内での行動が多い人には中くらいの距離にピントを合わせるレンズを選びます。

 なるべく裸眼ですむように、ピントを合わせる位置を自分の生活スタイルにピントを合わせて選びますが、細かいピントの調節はできませんので眼鏡も必要となります。


 また、できるだけ眼鏡は使いたくないという人のためには多焦点眼内レンズというのも開発されています。多焦点眼内レンズとは遠いところと近いところの両方にピントが合うレンズです

 これは眼鏡の遠近両用と考えるといいでしょう。白内障になる前の自分自身の目のように、すべての距離にピントが合わせられるわけではないのですが、遠いところと近いところの両方にピントが合うことで眼鏡の必要がなくなります。

 ただし、多焦点眼内レンズを入れた場合、人によっては見え方になれるまで数ヶ月かかることがあります。また、夜に車のライトや街灯などがまぶしく感じたり、明かりの周りに光の輪がみえたりすることがあります。特に夜車の運転をする人には適さないというマイナス面もあります。

 なお、多焦点眼内レンズの手術はまだ新しいもので、受けられる医療機関も限られています。また、現在のところは多焦点眼内レンズの手術には健康保険は適用されません。そのため手術にかかる費用は片目で40〜50万円ほどになります。

 ちなみに保険が使える単焦点眼内レンズの手術の場合は3割負担で約4万円程度です。


 白内障の手術のおよその標準的な費用です。手術の状況により多少違いが出てきます。

単焦点眼内レンズによる白内障手術
一般診療を行っている病院、眼科、クリニックでは「単焦点眼内レンズによる白内障手術」の場合は健康保険が適応されます。

片目手術

22,000円(1割負担の人)

65,000円(3割負担の人)

※日帰り手術の場合。

【両目手術

38,000円(1割負担の人)

114,000円(3割負担の人)

※両眼手術の場合は別々の日に行われます。

多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術
多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術は、今のところは健康保険の適用にはなりません。そのため手術は自由診療となります。ちなみに、かかる費用は片目で40〜50万円ほどになります

 
なお、先進医療として厚生労働省から承認されていますので、先進医療の医療機関として登録されている場合は、通常の診察部分(診察、検査、投薬、注射、入院料など)については健康保険の対象になります。


 白内障手術は使用する眼内レンズの種類によって保険で適用が異なります。

単焦点眼内レンズによる白内障手術
 一般診療を行っている病院、眼科、クリニックでは「単焦点眼内レンズによる白内障手術」の場合は健康保険が適応されます。ちなみに、保険が使える単焦点眼内レンズの手術の場合は3割負担で約4万円程度です。

多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術
 多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術は、今のところは健康保険の適用にはなりません。そのため手術は自由診療となります。ちなみに、かかる費用は片目で40〜50万円ほどになります

 
なお、先進医療として厚生労働省から承認されていますので、先進医療の医療機関として登録されている場合は、通常の診察部分(診察、検査、投薬、注射、入院料など)については健康保険の対象になります。

 医療費の控除は、1月から12月までの間に、本人または家族が支払った医療費が10万円を越えると、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。会社で年末調整を済ませている場合は、源泉徴収票がありますのでそれを持って住まいの地域の税務署に相談に行くと説明してくれます。


69歳以下の方(3割負担)
 通常は1ヶ月の健康保険分の医療費の支払いが8万100円を超えた分が後日、還付されます。従って、両眼の手術を同じ月に受けると、医療費の還付が受けられます。

一般の方・・・80,100円を超えた分

住民税非課税世帯の方・・・35,400円を超えた分

上位所得者・・・150,000円を超えた分

※上位所得者とは、健康保険加入者で標準月額報酬53万円以上、もしくは国民健康保険加入者で年間所得600万円以上のかたを指します。

70歳以上の方

1割負担のかた(※)・・・12,000円を超えた分

3割負担のかた・・・44,400円を超えた分

※ 1割負担のかたでも、入院された場合(日帰り入院含む)は自己負担44,400円を超えた分からの還付となります。