TOP  

あがりについて

 
 
 あがることは決して悪いことではありません。ふだんの仕事においても、上司と話すときや、大勢の人の前で話すときでも、適度なあがりや緊張は、より「力」を発揮できることもあります。日本人は「自分はあがり症」だと思っている人が大多数だといわれ、大勢の人の前では誰でも緊張してあがるのが普通です。ここでは、あがったときや、あがりそうな時に、ちょっとしたコツを知っていることで、あがらない方法を紹介しています。  あがらない方法
 
 

スポンサードリンク

 

あがらない方法

 
試験であがらない方法・・・
試験であがらないポイントは次の3つです。いつものグッズを使用する」「おまじないの小物を用意」「リハーサルをする」・・・続きを読む
 
考え方を変える・・・
あがることは決して悪いことではありません。適度なあがりや緊張があれば、より「力」を発揮できるようになります。・・・続きを読む
 
ジンクスを持つ・・・
昔からある「お守り」や「おまじない」のたぐいは。すべてプラスのジンクスとして、あがり克服の助けになってくれています。・・・続きを読む
 
  成功体験を積み重ねる・・・
「成功体験」を積み重ねていきますと人は自信をつけていくものです。それはあがりとはまったく反対の心理状態です。・・・続きを読む
 

金井式あがり症教材